fc2ブログ

【+1】眠れぬ理由

文章0 怪異+1

突き抜けてきたおじいさんのことよりも、看護士についての描写があまりにありすぎるところが気になります。
怪異と人間とのつながりがもっとはっきりと書かれ、自然に読者がシフトできればいいのですがこのお話ではそのつながりとなるところが弱く、浮いてしまっている印象となっています。
怪異自体はとても興味深いものがあります。となりの意識不明になっているおじいさんももしかしたら同じような体験を意識不明になりながらもしているのかもしれません。
人と意識と怪異という三点のつながりが見え隠れしていて、興味深いお話となっています。
スポンサーサイト



テーマ : 怪談/ホラー
ジャンル : 小説・文学

【0】蹴ったもの

文章-1 怪異+1

文章はすっきりと読むことができたのですが、草と人の髪の毛を間違えたというところが引っかかります。
両脇に何本かあった黒い枝みたいなものという一言がそれを示していて、人の髪の毛にそのようなものはありません、
草でもなく、また違った何かなのではないかという思いが沸いてきて怪異として興味深いことは確かなのですが、その一言で読んでいる間に混乱させることになってしまったのは残念に思います。

テーマ : 怪談/ホラー
ジャンル : 小説・文学

【-3】誰もいらない

文章-2 怪異-1

文章の不要なところが目立ちます。全体的な文章のダイエットが必要であると思います。
怪異についてのことがほとんどなく、ピックアップされているのは青年の孤独死です。その点でズレを感じてしまいました。怪異は物件系怪談の定番となっているほどに類話があるものです。それが、上記のズレや不要な文と相まってマイナスの意味で相乗効果を発揮してしまっているのが残念です。

テーマ : 怪談/ホラー
ジャンル : 小説・文学

【0】どうでしょう

文章0 怪異0

怪異のところの描写が少しわかりづらい上に情報が少ないです。
特に一瞬母親と見間違えたという事に気づいたところで、その見間違えた何かに関する情報があまりに少ないです。

怪異は描写不足と相まってインパクトとしては弱くなってしまっています。
細かい取材によって、現場の空気を再現するという作業が必要であると思います。

テーマ : 怪談/ホラー
ジャンル : 小説・文学

【+2】鬼を見た

文章+1 怪異+1

文章はすっきりとしていて読みやすいです。それとともに時代背景を書き取る描写がすばらしいです。しっかりとその当時の様子を体験者から聞き取って書いているものだと思われます。
このような努力によってこのお話は現場の空気を保っているのだと思います。

まず、時代だけで言っても非常に希少な怪異です。このような怪異を体験した人は高齢であり、なかなか取材することは難しくなっています。さらに、その当時で言えば憑き物とは現代よりももっと身近な存在であったことがお宮さんに関わる描写でよく表されています。
そして、問題の怪異ですがなんとも悲しい終わり方でした。体験者はそのことを悩みながら一生をずっと生きてきたのでしょう。なんともいえない読後感がありました。

テーマ : 怪談/ホラー
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ジャック・ジャック・ジャック

Author:ジャック・ジャック・ジャック
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード