fc2ブログ

【+2】カウント

文章+1 怪異+1

文章がとてもすっきりと必要分だけ書かれていて不足も、また多すぎる、重くなっているという印象はありませんでした。読者が知りたいところがすっきりと書かれています。そのような書き方もあってこのような不条理なお話が浮き彫りになっています。

全くもって意味不明なお話です。しかし、それだけに様々な想像を読者にもたらします。読後に想像をもたらすお話というのは、私はとても貴重であり、評価の高いものだと思っています。それは怪異を知ったことによって「考える」という影響を読者に与えている訳です。日本のどこかの誰かがした体験談を日本のどこかの誰々という人が読み、「考える」という行動をさせた。それは大変なことです。当然ながら読者にとって体験者はどこの誰か全く知る由もない事です。そのような怪異はそれだけパワーを持った怪異であるという事です。
余談となりますが、これはもしかして、体験者の何かを怪異がカウントしているのではなく、怪異が起こしている何かの数を怪異自身が数えているのではと自らの腹筋運動の回数を数える同居人の姿を見てふと思いました。
いったいそれが何のカウントか。わかってしまったときに本当の恐怖があるのかもしれません。
スポンサーサイト



テーマ : 怪談/ホラー
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャック・ジャック・ジャック

Author:ジャック・ジャック・ジャック
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード